About

UbiSenseの研究

ユビキタスセンシング(USE)研究ラボは、ユビキタスセンシングドメインにおける以下を含む主要な研究課題に取り組みます。

  • 環境へのシームレスな統合
  • 自律的でネットワーク化されたデータ収集と情報抽出
  • 使いやすさ、汎用性、信頼性

この作業では、ハードウェアとソフトウェアの両方の側面に取り組み、特にマルチセンサーフュージョン、適応操作、自動キャリブレーション、自己診断、および高度なセンサーシステムの迅速な開発と検証のためのモデルベースのアプローチに焦点を当てます。

UbiSense Ver1

TinyWebDBを中心に構築した、実験的なネットワーク。

簡易のTinyWebDB APIを利用して、クラウドの構築、モバイルのクラウド接続、IoTデータの送受信など実験できる。

UbiSense Ver2

Firebaseを中心に構築した、Iot & AI システムの試み。