About

このサイトは、ESP32 とその開発ボードと様々なセンサーなどIoT関連デバイス、クラウド連携したユビキタスセンシングについて綴ります。

UbiSenseの研究

ユビキタスセンシング(USE)研究ラボは、ユビキタスセンシングドメインにおける以下を含む主要な研究課題に取り組みます。

  • 環境へのシームレスな統合
  • 自律的でネットワーク化されたデータ収集と情報抽出
  • 使いやすさ、汎用性、信頼性

この作業では、ハードウェアとソフトウェアの両方の側面に取り組み、特にマルチセンサーフュージョン、適応操作、自動キャリブレーション、自己診断、および高度なセンサーシステムの迅速な開発と検証のためのモデルベースのアプローチに焦点を当てます。

 

利用するセンサー

M5StickCは絶妙でコンパクトな開発ボードです。MPUはESP32と同じアーキテクチャのESP32-picoが使われています。MPUの他に、80 x 160ピクセルのカラー液晶画面、ボタン3個、LED、赤外線送信機、マイク、6軸加速度・ジャイロセンサなどが搭載されています。プログラムはArduino IDEか、UIFlowという開発環境を使ってBlocklyまたはMicroPythonで開発します。

M5StickCは、IoT製品のプロトタイプをすばやく作成し、開発プロセス全体を簡素化するのに役立ちます。プログラミングと開発を学び始めたばかりの初心者でも、興味深いものを作成できます。アプリケーションとそれらを実際の生活に適用します。

M5StickCの8ピンソケットで機能拡張ができます。

距離センサ VL53L0Xを接続用 Hat を作りました。