ESP32-CAM

ESP32-CAMとは

中国のAi-Thinker社が開発した、ESP32とカメラモジュールを搭載したボードです。特徴は次の通り。

  • 外付けアンテナに対応したESP32-WROOM32互換チップを搭載。
  • 4MBのPSRAMを搭載。
  • OV2640(1600×1200)又はOV7670(640×480)のカメラモジュール搭載。
  • MicroSDカードスロット搭載。(SD_MMC仕様)
  • USBコネクタや、USB-シリアル変換チップが搭載されていません。別途、USB-シリアル変換ボード又は、ESP32-DevKitのようなボードと、接続ケーブルが必要です。
  • 8ピン×2列 の端子を持ち、電源、フラッシュ書き換え用のシリアル、8個のGPIOが割り振られています。

ESP32と同じく、Arduino IDEで開発可能です。その場合、 ツール-ボード で、「AI Thinker ESP32-CAM」を選んで下さい。