IoT test アプリと連携

 

システム構成

IoTデバイスから、TinyWebDB API を通して、クラウドに温度と気圧のデータが送信、そしてLEDのOn/Offデータを受信する。

このアプリは、クラウドの温度と気圧のデータが受信、そしてLEDのOn/Offデータを送信する機能を持つ。

実験方法

モバイルからTinyWebDB APIに接続する手順:

  1. App Inventor でTinyWebDBを利用するアプリを作成
  2. TinyWebDBのURLは、http://tinydb.mlと設定
  3. アプリは、TinyWebDBクラウドの温度、気圧のデータ読み込みを確認
  4. On/Offボタン操作で、TinyWebDBクラウドに書き込みを確認
  5. On/Offボタン操作で、IoT-Cloud-Mobile実験セットのLEDの点灯、消灯を確認

 

IoT test Appを作る

MIT App Inventor で IoT test Appができたので、紹介する。

デザイナー画面

デザイナー画面では、LEDのOn/Offボタンと、温度と気圧のデータが表示する領域がある。

プログラムのブロック

プログラムのブロックは次のようになる。

実機画面

このアプリにより、IoTデバイスの温度、気圧のデータ表示ができ、そしてIoTデバイスに備えたLEDのOn/Offもできた。